難易度:★の数が多いほど難しい(最高5つ)。



1問

第1問

難易度:★★★

△8八銀により先手玉はほぼ受けなしの状態。うまく相手の玉を追い込もう。






2問

第2問

難易度:★

△1六竜とした局面。先手玉は入玉しており安全。しかし後手玉も入玉すれば24点制だと先手負け。

ちなみに実戦では詰みを逃し先手が負けている o_ _)o







3問

第3問

難易度:★★★

先手玉はとりあえず安全。だが詰まし損なうと危ない。確実に詰まそう。

これはいろいろな詰まし方があるが、最短(11手詰め)の初手はちょっと気づきにくい。






4問

第4問

難易度:★★★★

△7七歩とした局面。見た目は後手玉広そうだが、うまく誘い出せば意外にも詰む。






5問

第5問

難易度:★★

先手玉はまだ詰まないので詰めろをかけるくらいでもいいのだが、できるものなら詰ましておきたい。






6問

第6問

難易度:★★★★

後手の猛攻を先手がしのいだ局面。▲9四歩が見えるが△同竜でまだ粘られそう。

上級者は飛車を使わずに詰ましてみよう。






7問

第7問

難易度:★★★

△5七香とした局面。すでに先手優勢なので受けてもいいが、後手玉をきれいに詰ますことができる。

最短は9手詰め。






8問

第8問

難易度:★

飛車取りになっているが、構わず攻めよう。






9問

第9問

難易度:★★

△7五桂とした局面。後手も必死に迫ってきたが、先手の1手差勝ち。

2九の竜に注意しながら詰まそう。実戦は詰みを逃し、第10問の局面になる。






10問

第10問

難易度:★★

第9問で詰みを逃した後の局面(便宜上先後逆)。せっかくもらったチャンスをしっかりものにしよう。





前のページに戻る


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO